直通:090-3622-2422
代表:079-246-2003
8:00-18:00/日・祝休み

ブログ

2019-01-17

洛中洛外図屏風

織田信長が上杉謙信に贈ったとされる『上杉本洛中洛外図屏風』に関して記します。

もともと『上杉本洛中洛外図屏風』は室町幕府第13代将軍足利義輝が盟友上杉謙信に贈るために狩野永徳に命じて制作させたものであった。義輝の意図は関東管領に就任した謙信に早く上洛して将軍を補佐せよということであった。

永徳が制作を始めたのが永祿7年(1564)末か8年初め。

しかし義輝は永祿8年5月に松永久秀に襲撃され横死する。

永徳は制作を続け義輝の百箇日の2日後9月3日に完成させた。永徳としては信長が新たな支配者になりつつあるのを見定め信長に献上したと思われます。

信長が謙信に向けて洛中洛外図屏風を京都から搬送させたのが天正元年(1573)の年末か翌2年の年始。同年3月には越後春日山城に無事到着しています。

当時足利義昭が武田勝頼、上杉謙信との軍事同盟締結により信長包囲網を結成することを企んでおり、信長としてはこれに対抗するため、友好関係にあった謙信の離反を防ぎたかったというのがこの屏風贈与の意図と思われます。天才絵師狩野永徳の洛中洛外図屏風のたどった数奇な運命といえます。(参考文献 藤田達生『本能寺の変の群像』)